コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋沢ワカルパ なべさわ ワカルパ

3件 の用語解説(鍋沢ワカルパの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鍋沢ワカルパ なべさわ-ワカルパ

1863-1913 明治-大正時代のアイヌ文化伝承者。
文久3年1月10日生まれ。日高(北海道)紫雲古津(しうんこつ)の首長ウトムリウクの弟。家は代々ユーカラ伝承者を生んだ家系。大正2年上京して金田一京助のもとに滞在し,「虎杖丸の曲」など14編のユーカラをつたえた。大正2年死去。51歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鍋沢ワカルパ

没年:大正2(1913)
生年:文久3.1.10(1863.2.27)
ユーカラの伝承者。紫雲古津コタンのコタンコロクル(首長)のウトムリウクの弟で,先祖代々,ユーカラ伝承者を輩出した家系に生まれた。金田一京助から「アイヌホメロス」と評された。眼病を患い失明したが記憶力に優れ,遠くの国後や釧路も含めて,数十の家系とそこに伝わるウパシクマ(昔話)を暗記していた。大正2(1913)年,金田一のもとを訪れ,「虎杖丸の曲」「蘆丸の曲」など14編2万行に上るユーカラを語った。これらは金田一『アイヌ叙事詩ユーカラの研究』に収録され,アイヌ文学研究の基礎となった。<参考文献>金田一京助「盲詩人」(『金田一京助随筆選集』1巻)

(竹ヶ原幸朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍋沢ワカルパ
なべざわわかるぱ
(?―1913)

アイヌの詞曲ユーカラや伝説の伝承者。北海道平取(びらとり)町紫雲古津(しうんこつ)出身。その家系には優れた語部(かたりべ)が多く、金田一京助の『北の人』(1942)に詳しく報告されている。1913年(大正2)、金田一家に滞在して伝えたユーカラが「虎杖丸の曲(クツネシリカ)」として原文対訳で発表され、これによって初めてユーカラの全貌(ぜんぼう)が明らかになった。中年から白内障のため目が不自由になったが、当時流行したチフスの祈祷(きとう)を頼まれて熱心に行い、そのために感染して没した。60歳代前半と推定される。[萩中美枝]
『金田一京助著『北の人』(『新装版 世界教養全集21』所収・1974・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍋沢ワカルパの関連キーワードおこた色丹へこたこしこた・むへこた・るムコタンパク質四宅ヤヱ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone