コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎗金 ソウキン

大辞林 第三版の解説

そうきん【鎗金】

中国の彫漆の一種。漆器の塗り面の毛彫りに金箔や金泥彩を埋め込んで文様を表したもの。日本には室町時代に伝わり、沈金ちんきんと称した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鎗金の言及

【漆工芸】より

…漆塗りの地に文様を針刻してあらわすこの手法は,おおむね前漢後期から後漢初めにかけて集中的に行われたようである。これはのちに盛行した鎗金(そうきん)の技法にひとつのヒントを与えたものとして注目される。ことに漢代の漆芸で特筆されることは,漆器が広く普及したことである。…

【沈金】より

…近代では金箔のかわりに金泥や色粉も用いられる。〈沈金〉は和名で,中国明代の書《髹飾録(きゆうしよくろく)》には〈鎗金 鎗或作 或作創 一名鏤金〉とあり,中国では一般に鎗金(そうきん)または金(そうきん)という。14世紀にはすでにつくられ,存星(ぞんせい)や東南アジアで発達した蒟醬(きんま)の母体となった技法である。…

※「鎗金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鎗金の関連キーワード琉球漆器高橋節郎彫漆存星

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android