不夜城(読み)フヤジョウ

デジタル大辞泉の解説

ふや‐じょう〔‐ジヤウ〕【不夜城】

《「三斉略記」から》中国の漢代に東莱郡(現在の山東省)にあった城の名。夜も太陽が出て明るかったという。
夜も一面に灯火・ネオンなどがともって昼のように明るくにぎわっている場所。特に、歓楽街。
[補説]書名別項。→不夜城

ふやじょう【不夜城】[書名]

馳星周の長編犯罪小説、および同作を第1作とする小説シリーズ。第1作は平成8年(1996)刊行。古神陸(こがみりく)名義でアクション系ライトノベルを執筆していた著者による初の一般小説で、第18回吉川英治文学新人賞および第15回日本冒険小説協会大賞を受賞。平成10年(1998)映画化。シリーズ作品に「鎮魂歌」「長恨歌」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふやじょう【不夜城】

〔夜も太陽が照らしたという、漢代に中国東萊郡不夜県にあった城の名から。「三斉略記」の記事による〕
灯火がともり、夜も昼のように明るい場所。また、夜、光り輝いている巨大な建造物。一般に歓楽境をさしていうことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不夜城の関連情報