コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口誦 コウショウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しょう【口×誦】

[名](スル)口ずさむこと。詩歌文章などを声に出して読むこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしょう【口誦】

( 名 ) スル
声を出して書物や詩歌などをよむこと。くちずさむこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

口誦の関連キーワードチョイジャムツィーン オイドフマザーグースの歌ゾロアスター教ムンダ諸言語十住毘婆沙論天地創造神話ウォロフ王国ローランの歌インド諸言語アフリカ文学短歌(文学)ムンダー諸語スカルド詩ラプソドス柿本人麻呂カリブ文学石川 善助パントゥンアオイドスバラッド

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android