コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏑矢伊勢宮方記(読み)かぶらやいせみやがたき

世界大百科事典 第2版の解説

かぶらやいせみやがたき【鏑矢伊勢宮方記】

伊勢の外宮神主家檜垣(ひがき)兵庫家に蔵されてきた古文書を類別集録した書。2巻。書名はその檜垣家の家紋が鏑矢であることより付けられたものであるが,もとの名は《檜垣兵庫家証文旧記案集》,また別名《檜垣文書》《一櫟(いちき)文書》という。外宮禰宜(ねぎ)度会(わたらい)常副・度会常基の編。1663年(寛文3)世が安定し,神宮もようやく復興したそのころに,常副・常基が鎌倉時代より戦国末期にいたる古文書を集録したもので,武家の神領寄進また武運祈願関係のものが,その大半を占める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報