コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘釣温泉 かねつりおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鐘釣温泉
かねつりおんせん

富山県北東部,黒部峡谷にある温泉。黒部市に属する。温泉は黒部川の河原から湧出し,石で囲っただけの野趣豊かな露天風呂が点在する。泉質は単純泉。泉温は 42~43℃。神経痛や胃腸病にきくといわれる。宇奈月温泉から日帰りで露天風呂を楽しむ人が多い。宇奈月温泉からは黒部峡谷鉄道がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鐘釣温泉
かねつりおんせん

富山県黒部(くろべ)市宇奈月町黒部(うなづきまちくろべ)にある温泉。宇奈月温泉より12キロメートル上流の黒部峡谷にある。明治・大正時代には湯治客でにぎわったが、宇奈月温泉の発展によりさびれた。現在、川原に露天風呂(ぶろ)がある。泉質は単純温泉。黒部峡谷鉄道鐘釣駅下車。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鐘釣温泉の関連情報