コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長坂長閑 ながさか ちょうかん

2件 の用語解説(長坂長閑の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長坂長閑 ながさか-ちょうかん

?-1582 戦国-織豊時代の武将。
甲斐(かい)(山梨県)巨摩(こま)郡長坂の領主。武田信玄・勝頼(かつより)の2代に侍大将としてつかえる。ことに勝頼の補佐役として重用された。天正(てんしょう)10年3月天目山の戦いで勝頼に殉じた。織田信長に殺されたともいう。名は光堅。号は釣閑とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長坂長閑

没年:天正10.3(1582)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。実名は光堅。同時代の史料には釣閑斎とみえる。左衛門尉。甲斐国巨摩郡長坂郷(山梨県長坂町)の出身と伝えるが詳細は不明。武田信玄・勝頼父子に仕える。勝頼が織田信長に大敗を喫した天正3(1575)年の長篠合戦で,重臣が相次いで討死したのちは,跡部勝資と並んで勝頼に重用された。武田家発給文書に奉行人としてその名を多くとどめており,深く政務にかかわっていたことが知られる。しかし『甲陽軍鑑』での評判は芳しくなく,武田家を滅亡に導いた佞臣とされている。武田家の滅亡に際し,信長により甲府で誅されたといわれる。

(堀内亨)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長坂長閑の関連キーワード七雄春秋戦国時代磯村左近宇久盛定多久宗時東氏胤東常氏東常和卜有山岡景之

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone