コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長夫 ながぶ

2件 の用語解説(長夫の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ながぶ【長夫】

中世、荘園領主や地頭の直営田の耕作や年貢の運送を目的とする長期にわたる労役。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながぶ【長夫】

日本の中世社会において,封建領主によって農民に賦課された長期間にわたる夫役。荘園領主は,〈都へ人を上せてつかはせ参らするを,ながふとは申なり〉(《物ぐさ太郎》)のように,農民を地方の荘園からの年貢などの荷物運搬や,領主邸宅の警衛,雑役勤務などに駆使した。長夫は大きな負担であったから,農民たちは,〈京都の長夫を召仕せらるるの事,往古まったくもって,かくのごときの御例これなし,百姓等歎申すの愁訴なり〉(《東寺文書》)と,これの軽減を要求して闘った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長夫の関連情報