長夫(読み)ながぶ

大辞林 第三版の解説

ながぶ【長夫】

中世、荘園領主や地頭の直営田の耕作や年貢の運送を目的とする長期にわたる労役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながぶ【長夫】

日本の中世社会において,封建領主によって農民に賦課された長期間にわたる夫役荘園領主は,〈都へ人を上せてつかはせ参らするを,ながふとは申なり〉(《物ぐさ太郎》)のように,農民を地方の荘園からの年貢などの荷物運搬や,領主邸宅の警衛,雑役勤務などに駆使した。長夫は大きな負担であったから,農民たちは,〈京都の長夫を召仕せらるるの事,往古まったくもって,かくのごときの御例これなし,百姓等歎申すの愁訴なり〉(《東寺文書》)と,これの軽減を要求して闘った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android