コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長夫 ながぶ

大辞林 第三版の解説

ながぶ【長夫】

中世、荘園領主や地頭の直営田の耕作や年貢の運送を目的とする長期にわたる労役。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながぶ【長夫】

日本の中世社会において,封建領主によって農民に賦課された長期間にわたる夫役荘園領主は,〈都へ人を上せてつかはせ参らするを,ながふとは申なり〉(《物ぐさ太郎》)のように,農民を地方の荘園からの年貢などの荷物運搬や,領主邸宅の警衛,雑役勤務などに駆使した。長夫は大きな負担であったから,農民たちは,〈京都の長夫を召仕せらるるの事,往古まったくもって,かくのごときの御例これなし,百姓等歎申すの愁訴なり〉(《東寺文書》)と,これの軽減を要求して闘った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

長夫の関連キーワードルフェーブル(Henri Lefebvre)ウォーレン バフェットブッチャートガーデン死刑台のエレベーターアリス・スプリングズ安部整形外科火災ドリス ロバーツオリエンタリズムトーマス ケラー闇サイト殺人事件瑞龍寺(富山県)経済発展段階説モンテスキュー風流夢譚事件久慈 あさみ旧円覚寺庭園認識論的断絶家(いえ)エスコート女だけの都

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長夫の関連情報