コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長岡京[市] ながおかきょう

百科事典マイペディアの解説

長岡京[市]【ながおかきょう】

京都府南部の市。1972年市制京都盆地西部にあり,京都市南西に接する。東海道本線,阪急京都線,国道171号線が通じ,電機製紙化学などの工場が進出,1960年前後から京都,大阪への交通網整備にともない住宅地化が進む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながおかきょう【長岡京[市]】

京都府南部の市。1972年乙訓(おとくに)郡長岡町が市制を施行,改称して長岡京市となる。人口7万8697(1995)。市名は隣接する向日(むこう)市など当地一帯に所在した古代の長岡京に由来する。京都盆地南西部に位置し,東部には桂川西岸の沖積平野がひろがり小畑川が南流,西には大阪府境の山地がつらなって段丘・丘陵をなす。平地部の神足(こうたり)にある雲ノ宮遺跡は弥生時代前期の集落遺跡で,京都盆地での水稲耕作はここから始まったとみられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

長岡京[市]の関連キーワード向日[市]

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android