向日[市](読み)むこう

百科事典マイペディアの解説

向日[市]【むこう】

京都府南部の市。1972年市制。京都盆地西部を占め,京都市の南西部に接する。東海道本線,阪急京都線,国道171号線が縦貫し,電機,繊維,食品などの多くの工場があり洛南工業地帯の中核をなす。丘陵地は有名なたけのこの産地。洛西ニュータウンの最寄り駅があって宅地開発が進み,人口密度は府下最大。長岡京市域にかけ桓武天皇によって造営された長岡京跡(史跡)がある。7.72km2。5万4328人(2010)。
→関連項目長岡京[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むこう【向日[市]】

京都府南部の市。1889年の町村制で生まれた向日町が,1972年に市制。人口5万3290(1995)。面積8.0km2は近畿地方の市のうち最小。東,北,西は京都市に,南は長岡京市に接し,桂川西岸の沖積平野とその西の段丘層,さらに向日丘陵にまたがる。丘陵,段丘上には多くの遺跡や古墳があり,平野部には条里制遺構が残る。784年(延暦3)南隣の長岡京市域にかけて長岡京が造営されたが,その中心をなす長岡宮は当市域内にあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android