コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎屋源右衛門(初代) ながさきや げんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎屋源右衛門(初代) ながさきや-げんえもん

?-1620 江戸時代前期の商人。
江戸日本橋本石町で薬種商をいとなむ。将軍に拝謁(はいえつ)のため江戸にきた長崎のオランダ商館長(カピタン)一行に定宿(江戸阿蘭陀(オランダ)宿)を提供。俳諧(はいかい)をよくし,扇徳と号した。元和(げんな)6年3月死去。代々源右衛門を名のり,幕末まで11代つづいた。元和(げんな)6年3月死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長崎屋源右衛門(初代)の関連キーワード十三陵万暦帝プリマス尚寧王ムニョスドゥラード万暦帝尚寧万暦帝万暦帝

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android