コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎梅軒 ながさき ばいけん

1件 の用語解説(長崎梅軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎梅軒 ながさき-ばいけん

1800-1865 江戸時代後期の儒者。
寛政12年生まれ。長崎金城の弟。陸奥(むつ)黒石藩(青森県)藩士。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事,昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。帰藩後,近習となり,天保(てんぽう)3年創立の藩校経学教授所の中心となった。のち江戸詰め留守居,用人をへて家老。元治(げんじ)2年4月1日死去。66歳。名は武敏。字(あざな)は周民。通称は勘介。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長崎梅軒の関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛濃尾平野プロレスリング

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone