コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎梅軒 ながさき ばいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長崎梅軒 ながさき-ばいけん

1800-1865 江戸時代後期の儒者。
寛政12年生まれ。長崎金城の弟。陸奥(むつ)黒石藩(青森県)藩士。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事,昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。帰藩後,近習となり,天保(てんぽう)3年創立の藩校経学教授所の中心となった。のち江戸詰め留守居,用人をへて家老。元治(げんじ)2年4月1日死去。66歳。名は武敏。字(あざな)は周民。通称は勘介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長崎梅軒の関連キーワード藩学一覧儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android