コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長床衆 ながとこしゅう

1件 の用語解説(長床衆の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ながとこしゅう【長床衆】

中世の修験者は,一所不在を本義とし,山から山,寺社から寺社へと修行の旅を続け,客僧とも呼ばれた。これら回国の修行者の,一時の止宿,参籠に供する場が長床で,神社の拝殿や細長い礼殿があてられた。そのうちで長期にわたって滞留する人々を長床衆と称した。その中核は修験者で,寺社の祈禱や法会に参加した。長床衆の名称は,熊野で使用され,以後天台系の本山派修験を通じて各地に広まっていった。【鈴木 正崇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長床衆の関連キーワード修験者一所懸命一所不住験者住所不定修験デマ不在万行即伝

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone