客僧(読み)きゃくそう

精選版 日本国語大辞典「客僧」の解説

きゃく‐そう【客僧】

〘名〙
① 国々を行脚して歩く旅僧山伏。かくそう。
※今昔(1120頃か)七「衆僧其の家に集会せる中に、一人の客僧(きゃくそう)有り」
曲・舟橋(1430頃)「これは三熊野より出でたる客僧にて
② 客として招かれた僧。客としてを他に寄せている僧。かくそう。
※貞享版沙石集(1283)四「客僧のもてなしに、種々の珍物ありけるに」 〔雑蔵経〕

かく‐そう【客僧】

※江戸から東京へ(1925)〈矢田挿雲〉一三「この一言は広言を吐いた客僧(カクソウ)よりも、日頃僧兵主義を理想とする光圀の耳にさからった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「客僧」の解説

きゃくそう【客僧】

客の僧,また回国の僧の意味でもつかわれるが,前近代とくに中世文芸の世界では,客僧とはまず山伏のことである。〈かやうに候者は,鞍馬の奥,僧正が谷に住居(すまい)する客僧にて候〉と,能楽鞍馬天狗》の冒頭シテが謡いだすこの客僧は,山伏の姿で登場する。同じく《安達原(あだちがはら)》で〈旅の衣は篠懸(すずかけ)の,旅のころもは篠懸の,露けき袖やしほるらん〉の次第で舞台に現れるワキは,熊野本山から旅立ちした順礼回国の山伏であり,また《安宅(あたか)》のシテの武蔵坊弁慶も〈南都東大寺建立のために国々へ客僧を遣はされ候〉と,山伏の姿で現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の客僧の言及

【長床衆】より

…中世の修験者は,一所不在を本義とし,山から山,寺社から寺社へと修行の旅を続け,客僧とも呼ばれた。これら回国の修行者の,一時の止宿,参籠に供する場が長床で,神社の拝殿や細長い礼殿があてられた。…

※「客僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android