コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止宿 シシュク

デジタル大辞泉の解説

し‐しゅく【止宿】

[名](スル)宿屋などに泊まること。また、下宿すること。「知人宅に止宿する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししゅく【止宿】

( 名 ) スル
宿泊すること。また、下宿すること。 「友人の家に-する」 「擅に脱出しきたるの阿嬢をして-せしむること能わざるなり/世路日記 香水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

止宿の関連キーワード祉・視・仔・仕・伺・使・侈・刺・史・司・嗜・嗣・嘴・四・址・士・姉・始・姿・子・尸・屍・巳・市・師・幟・弑・弛・志・思・恣・指・摯・支・斯・施・旨・枝・梓・止・此・歯・死・氏・滓・熾・疵・矢・示・祀・祉・祠・私・糸・紙・紫・絲・翅・肆・肢・脂・至・視・詞・試・詩・誌・諡・諮・資・賜・趾・雌・飼・齒祝・叔・夙・宿・淑・祝・粛・縮・肅宇都宮釣天井事件河内(石川県)世帯(せたい)チロルの秋池田 淑人ホームレス白山(市)本能寺の変大村益次郎衆徒大衆日の出前五保の制多代女浪花講バーク襲芳舎聖福寺長床衆

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android