コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長曾禰虎徹 ながそねこてつ

2件 の用語解説(長曾禰虎徹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長曾禰虎徹
ながそねこてつ

[生]?
[没]延宝5(1677).江戸
江戸時代前期の代表的刀鍛冶。名は興里。虎徹は号。初め福井などで甲冑師として知られたが,明暦年間 (1655~58) に江戸に出て刀鍛冶になり,大坂の津田助広井上真改とともに名刀工として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長曾禰虎徹 ながそね-こてつ

1605?-1678 江戸時代前期の刀工。
慶長10年?生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の甲冑(かっちゅう)師といわれるが,生国は近江(おうみ)(滋賀県),江戸ともされる。江戸で和泉守(いずみのかみ)兼重にまなんだという。切れ味がするどく,数珠(じゅず)刃といわれる刃文をもつ刀を製作した。偽作がおおかった。延宝6年6月24日死去。74歳? 生年に慶長元年説,没年に延宝5年説もある。名は興里。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長曾禰虎徹の関連キーワード包蔵(初代)包次包綱金道(2代)金道(3代)国包(2代)国包(3代)国包(4代)国包(5代)鎮知

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone