コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長洲一二 ながす かずじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長洲一二 ながす-かずじ

1919-1999 昭和後期-平成時代の経済学者,政治家。
大正8年7月28日生まれ。昭和38年横浜国大教授。50年革新統一候補として神奈川県知事に当選し,5期つとめる。中央集権型行財政をあらためる「地方の時代」を提唱。57年全国の都道府県さきがけ情報公開条例制定。平成11年5月4日死去。79歳。東京出身。東京商大(現一橋大)卒。著作に「日本経済入門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長洲一二の関連キーワード現代資本主義大量消費時代伊藤 三郎構造改革論地場産業政治家産業

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長洲一二の関連情報