コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長瀬村利七 ながせむら りしち

1件 の用語解説(長瀬村利七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長瀬村利七 ながせむら-りしち

1824-1869 幕末の漂流民。
文政7年生まれ。嘉永(かえい)3年樽廻船(たるかいせん)永力丸にのりくみ,江戸から大坂への帰途,暴風雨にあって太平洋を漂流。浜田彦蔵(ジョセフ=ヒコ)らとアメリカ船に救助され,7年清(しん)(中国)経由で帰国。因幡(いなば)鳥取藩の藩校尚徳館の仕人(用務員)となり,佐伯文太と名のらされた。明治2年7月26日死去。46歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長瀬村利七の関連キーワード藩学一覧大村益次郎大村益次郎ルイ浅田育輝ビルマ戦争ビルマ戦争ゴヤ(年譜)女性参政権青山延光

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone