コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長田円右衛門 おさだ えんえもん

1件 の用語解説(長田円右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長田円右衛門 おさだ-えんえもん

1795-1856 江戸時代後期の農民。
寛政7年1月9日生まれ。甲斐(かい)(山梨県)猪狩(いかり)村の人。名主で叔父の長田勇右衛門とともに荒川渓谷沿いの甲府と猪狩村間の道路(御岳(みたけ)新道)を計画し,村人の協力をえて天保(てんぽう)5年着工,14年完成させた。昇仙峡が世に知られることになり,通行人の休み所をもうけ「お助け小屋」とよばれた。安政3年6月9日死去。62歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長田円右衛門の関連キーワードエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)杣田細工アフリカ探検モルガン財閥結城寅寿ミシン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone