コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長田円右衛門 おさだ えんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長田円右衛門 おさだ-えんえもん

1795-1856 江戸時代後期の農民。
寛政7年1月9日生まれ。甲斐(かい)(山梨県)猪狩(いかり)村の人。名主で叔父の長田勇右衛門とともに荒川渓谷沿いの甲府と猪狩村間の道路(御岳(みたけ)新道)を計画し,村人の協力をえて天保(てんぽう)5年着工,14年完成させた。昇仙峡が世に知られることになり,通行人休み所をもうけ「お助け小屋」とよばれた。安政3年6月9日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長田円右衛門の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)川本幸民マクスウェル(James Clerk Maxwell)エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android