コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昇仙峡 ショウセンキョウ

7件 の用語解説(昇仙峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうせん‐きょう〔‐ケフ〕【昇仙峡】

山梨県中北部、笛吹川支流の荒川の峡谷。奇岩が多く、紅葉の名所。御岳(みたけ)昇仙峡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

昇仙峡【しょうせんきょう】

山梨県中部,富士川の支流荒川の峡谷(特別名勝)。御岳(みたけ)昇仙峡とも。甲府駅の北約10kmの天神森から上流の仙娥(せんが)滝まで約4kmにわたり,花コウ岩の方状節理が発達,巨石奇岩の多い奇勝で,新緑,紅葉のころ特に美しい。
→関連項目甲府[市]敷島[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうせんきょう【昇仙峡】

山梨県甲府市の北郊にある峡谷。御岳(みたけ)昇仙峡ともいう。富士川の支流荒川が花コウ岩山地を浸食してつくった峡谷で,下流の長潭(ながとろ)橋から仙娥(せんが)滝までの約4kmの間に渓流に沿ってアカマツ広葉樹の林の中に猿岩,地蔵岩,登竜岩,覚円峰などがあり,また急流や滝が多く,河床には多数の甌穴(おうけつ)がみられる。国の特別名勝で,秩父多摩国立公園に含まれている。江戸時代末期の1840年代に上流の猪狩村の村民が峡谷に新道を開いてから一般に知られるようになり,1900年ころから昇仙峡の呼称が用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうせんきょう【昇仙峡】

山梨県甲府市北郊の峡谷。富士川の支流荒川が花崗かこう岩山地を浸食して形成したもの。奇岩絶壁からなる峡谷美で有名。秩父多摩国立公園の一部。御岳みたけ昇仙峡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕昇仙峡(しょうせんきょう)


山梨県北部、甲府(こうふ)市街地の北方、甲斐(かい)市との市境を流れる荒(あら)川の峡谷。仙娥(せんが)滝から長潭(ながとろ)橋まで約5km。国の特別名勝に指定。御岳(みたけ)昇仙峡とも。花崗(かこう)岩の岩盤を荒川が浸食し、高さ180mの覚円(かくえん)峰や天狗(てんぐ)岩などの奇岩・甌穴(おうけつ)群が連なる。渓谷沿いに散歩道があり、新緑・紅葉期は観光客でにぎわう。羅漢尻(らかんじり)まで御岳昇仙峡道路(グリーンライン)が通じる。上流部の甲府市猪狩(いかり)町から羅漢寺(らかんじ)山(標高1058m)西尾根までロープウエーが通じる。秩父多摩(ちちぶたま)国立公園の一部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昇仙峡
しょうせんきょう

御岳昇仙峡」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昇仙峡
しょうせんきょう

山梨県甲府市と甲斐(かい)市にまたがる荒川(笛吹(ふえふき)川の支流)上流沿いの峡谷。一般には昇仙峡の名が知られているが、正式には御嶽昇仙峡(みたけしょうせんきょう)(「御岳昇仙峡」と表記することが多い)とよぶ。秩父(ちちぶ)山地中の金峰山(きんぷさん)や国師ヶ岳(こくしがたけ)に源をもつ荒川が花崗岩(かこうがん)地帯を横切る、標高680メートルの仙娥滝(せんがたき)から標高460メートルの長潭(ながとろ)橋までの約5キロメートルの区間は、花崗岩が侵食され、覚円(かくえん)峰、天狗(てんぐ)岩、人面岩、登竜(とりゅう)岩、猿岩などの奇岩、多くの甌穴(おうけつ)、あるいは花崗岩の割れ目に貫入した輝石安山岩の柱状節理がみられる。また同時に、多くの滝や瀬、あるいは瀞(とろ)渓流の変化も多く、新緑や紅葉時はみごとであり、1950年(昭和25)の毎日新聞社の全国名勝地百選で渓谷の1位に入選し広くその名が知られた。1953年国の特別名勝に指定された。渓谷に沿っては江戸時代の御岳新道を改修した遊歩道があり、遊覧馬車もある。甲府から定期バスの便があり、グリーンライン昇仙峡(道路)が整備されている。下流の長潭橋から仙娥滝を往復するか、羅漢尻(らかんじり)から往復するのが一般的であるが、周辺のハイキングコースもある。またパノラマ台まで仙娥滝駅からロープウェーもある。一帯は秩父多摩甲斐(ちちぶたまかい)国立公園域内である。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

昇仙峡の関連キーワードエフエム甲府山梨県甲府市池田山梨県甲府市伊勢山梨県甲府市北新山梨県甲府市貢川山梨県甲府市善光寺山梨県甲府市宝山梨県甲府市千塚山梨県甲府市東光寺山梨県甲府市向町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

昇仙峡の関連情報