コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川佐太郎 はせがわ さたろう

2件 の用語解説(長谷川佐太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川佐太郎 はせがわ-さたろう

1823-1898 幕末-明治時代の治水家。
文政6年生まれ。讃岐(さぬき)榎井村(香川県琴平町)の豪農。日柳燕石(くさなぎ-えんせき)らと尊攘(そんじょう)運動をおこなう。安政元年決壊した灌漑(かんがい)用の満濃池の堤防を,私財をなげうって修築し,明治3年完成させた。明治31年1月7日死去。76歳。名は信之。字(あざな)は忠卿。号は松坡(しょうは)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川佐太郎

没年:明治32.1.26(1899)
生年:文政10.9.6(1827.10.26)
幕末,讃岐の豪農・篤農。醸造を業とする家に生まれる。日柳燕石らと交流があり,来訪の尊攘派志士を庇護した。また,満濃池の再築を決意。寛永8(1631)年の再築以来讃岐平野への用水供給源であった満濃池が安政1(1854)年に決壊したからである。明治1(1868)年に新政府の許可を得,翌年5月工事に着手。私費をも投入して翌3年6月工事を完了させた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川佐太郎の関連キーワード池田吉兵衛宇野円三郎久保田伊平近藤勝由白取数馬田沢与左衛門伊達文三南一郎山越永太郎脇坂文助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone