コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川佐太郎 はせがわ さたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川佐太郎 はせがわ-さたろう

1823-1898 幕末-明治時代の治水家。
文政6年生まれ。讃岐(さぬき)榎井村(香川県琴平町)の豪農日柳燕石(くさなぎ-えんせき)らと尊攘(そんじょう)運動をおこなう。安政元年決壊した灌漑(かんがい)用の満濃池の堤防を,私財をなげうって修築し,明治3年完成させた。明治31年1月7日死去。76歳。名は信之。字(あざな)は忠卿。号は松坡(しょうは)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長谷川佐太郎

没年:明治32.1.26(1899)
生年:文政10.9.6(1827.10.26)
幕末,讃岐の豪農・篤農。醸造を業とする家に生まれる。日柳燕石らと交流があり,来訪の尊攘派志士を庇護した。また,満濃池の再築を決意。寛永8(1631)年の再築以来讃岐平野への用水供給源であった満濃池が安政1(1854)年に決壊したからである。明治1(1868)年に新政府の許可を得,翌年5月工事に着手。私費をも投入して翌3年6月工事を完了させた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

長谷川佐太郎の関連キーワード長谷川松坡9月6日明治時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android