コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長門湯本温泉 ながとゆもとおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長門湯本温泉
ながとゆもとおんせん

山口県北西部,長門市音信 (おとずれ) 川河岸に位置する温泉。泉質単純泉泉温は 27~43℃。痛風神経痛リウマチに効能がある。共同浴場を中心に温泉旅館が並び,渓谷美と調和している。音信川のゲンジボタル発生地は天然記念物秋吉台と北長門海岸の両国定公園の中間地点にあり,観光基地として利用される。付近に大寧寺萩焼窯元がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

長門湯本温泉

山口県長門市にある温泉。正式名称は「湯本温泉」。泉質は単純泉。開湯は1427年。音信 (おとずれ) 川沿いに位置し、川沿いの遊歩道には足湯もある。地域団体商標

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

長門湯本温泉の関連キーワード湯本[温泉]山口県長門市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長門湯本温泉の関連情報