コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門説経 カドゼッキョウ

大辞林 第三版の解説

かどぜっきょう【門説経】

門付かどづけの一。江戸時代、編み笠をかぶり、人の家の前に立って三味線・ささら・胡弓に合わせて説経節を語り、物を乞う者。歌説経。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の門説経の言及

【説経節】より

…説経はまたこの芸能を行う者を意味することがあり,この意味では〈説経の者〉〈説経説き〉ともいう。門付(かどづけ)をするものを門説経,簓(ささら)を伴奏とするものを簓説経,哀調をおび歌謡風のものを歌(うた)説経,操人形と提携したものを説経操りなどということがあり,本来,別系統の芸能である浄瑠璃の影響を受けたものを説経浄瑠璃という。
[起源]
 僧などが仏教経典を講説することも説経と呼ばれ,古く奈良時代から行われたが,平安末から鎌倉時代には専門の説経師があらわれた。…

※「門説経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

門説経の関連キーワード薩摩 若太夫(10代目)若松 若太夫(2代目)若松 若太夫(初代)江戸時代説経節大道芸門付歌簓摺り歌説経門付説経

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android