コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開放経済 かいほうけいざいopen economy

翻訳|open economy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開放経済
かいほうけいざい
open economy

外国取引が自由に行われ,各種貿易制限や資本移動規制外国為替管理などの制限がない国民経済体制をいう。外国との取引をしない,または考慮外におくという封鎖経済に対して開放経済という場合もある。第2次世界大戦後ガット GATTが結成されて,無差別原則,輸入制限の撤廃,関税率引下げ,人為的輸出促進とダンピングの規制などが推進されてきており,金融面でも国際通貨基金 IMFが中心となり為替決済の自由化,多角化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かいほうけいざい【開放経済】

一国の経済を、外国との貿易や資本移動を考慮に入れてとらえたもの。 ↔ 封鎖経済
外国との貿易や資本移動を自由・無差別に行うことを原則とする経済体制。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

開放経済の関連キーワードマンデル‐フレミングモデルエマージング・マーケット広西(チワン族自治区)開放経済・封鎖経済農業構造改善事業経済相互援助会議ドッジ・ライン産業構造審議会外国貿易乗数開放経済体制特区と新特区海南(省)広東(省)ワフド党人民公社マンデル経済難民中国株

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開放経済の関連情報