コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑地 カンチ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ち【閑地】

静かな土地。
使っていない土地。空き地。
職務の少ないひまな地位・身分。「閑地に就く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんち【閑地】

静かな土地。
使われていない土地。あきち。
ひまな地位・身分。閑職。 「 -に就く」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閑地の関連キーワード農書(農業に関する書物)クラインガルテン百万町開墾計画フランドル農法青刈り飼料ラメート族輪栽式農法三圃式農業耕作強制キプロスティブ族吉田東洋三圃制度荘園整理朱雀院作付け皇室領均田法相博状世良田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android