コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接肥料 カンセツヒリョウ

大辞林 第三版の解説

かんせつひりょう【間接肥料】

植物に直接吸収されるのでなく、間接的な効果によって植物の生育を助ける肥料。土壌の理化学的性質をよくしたり、微生物の活動を盛んにして養分の吸収度をよくしたりする肥料。石灰・炭木・苦土肥料・ケイ酸肥料など。 ⇔ 直接肥料

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間接肥料の関連キーワード補助肥料直接肥料沃素

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android