コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間新六 はざま しんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間新六 はざま-しんろく

1680-1703 江戸時代前期の武士。
延宝8年生まれ。間喜兵衛の次男。間十次郎の弟。赤穂(あこう)四十七士のひとり。元禄(げんろく)15年父,兄とともに吉良(きら)邸に討ちいる。元禄16年2月4日毛利邸で切腹。24歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は光風(みつかぜ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

間新六の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧赤穂義士間光風

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android