コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関の小万 セキノコマン

2件 の用語解説(関の小万の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せき‐の‐こまん【関の小万】

江戸初期に東海道の関の宿にいたという出女丹波与作との情話は当時の歌謡にうたわれ、また、浄瑠璃歌舞伎・小説などの題材にもなった。
歌舞伎舞踊「四季花笠踊」の通称。長唄の地で、娘が花笠をかぶり、また両手に持って踊る。若衆歌舞伎時代の踊りが残存したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきのこまん【関の小万】

○ 東海道、関の宿しゆくに伝わる伝説的な女性。馬方との情事がはやり唄に唄われ、歌舞伎・浄瑠璃などに脚色された。 → 丹波与作たんばのよさく
長唄「四季花笠踊」の通称。若衆歌舞伎の時代から振りとともに伝わった曲という。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone