関の小万(読み)セキノコマン

デジタル大辞泉の解説

せき‐の‐こまん【関の小万】

江戸初期に東海道の関の宿にいたという出女丹波与作との情話は当時の歌謡にうたわれ、また、浄瑠璃・歌舞伎・小説などの題材にもなった。
歌舞伎舞踊「四季花笠踊」の通称長唄の地で、娘が花笠をかぶり、また両手に持って踊る。若衆歌舞伎時代の踊りが残存したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せきのこまん【関の小万】

○ 東海道、関の宿しゆくに伝わる伝説的な女性。馬方との情事がはやり唄に唄われ、歌舞伎・浄瑠璃などに脚色された。 → 丹波与作たんばのよさく
長唄「四季花笠踊」の通称。若衆歌舞伎の時代から振りとともに伝わった曲という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android