コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波与作 タンバヨサク

3件 の用語解説(丹波与作の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんばよさく【丹波与作】

丹波の馬方。のち江戸へ出て出世し、武士になった。寛文(1661~1673)ごろから、関の小万との情事を俗謡に歌われ、浄瑠璃歌舞伎にも脚色された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹波与作 たんば-よさく

人形浄瑠璃(じょうるり)の主人公
俗謡でうたわれた人物を題材に,宝永4年(1707)近松門左衛門が,馬方におちぶれたもと武士の与作に,なじみの女小万,妻の滋野井(しげのい),子の三吉らがからむ物語「丹波与作待夜の小室節」を創作した。改作物に「恋女房染分手綱(そめわけたづな)」がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たんばのよさく【丹波与作】

江戸初期の歌謡に関の小万との情事をうたわれた馬方。歌舞伎・浄瑠璃の主人公として脚色され、近松門左衛門の「丹波与作待夜の小室節」が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丹波与作の言及

【丹波与作待夜の小室節】より

…与作は小万と死を決意するが,滋野井の努力で三吉ともども救われる。《落葉集》などに所収の歌謡や古浄瑠璃,歌舞伎で人々に知られた丹波与作を主人公とするが,筋立ては近松の創作になる。母と名のれぬ滋野井の苦衷や,母をしたう三吉のいたいけな感情が描かれる序幕がすぐれており,《恋女房染分手綱》(1751)の中に〈重の井子別れ〉としてまるごと採り入れられ,現在もたびたび上演される。…

※「丹波与作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丹波与作の関連キーワード素浄瑠璃人形浄瑠璃芝居操り浄瑠璃門浄瑠璃京浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座浄瑠璃本難波浄瑠璃床浄瑠璃

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丹波与作の関連情報