コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波与作 タンバヨサク

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹波与作 たんば-よさく

人形浄瑠璃(じょうるり)の主人公。
俗謡でうたわれた人物を題材に,宝永4年(1707)近松門左衛門が,馬方におちぶれたもと武士の与作に,なじみの女小万,妻の滋野井(しげのい),子の三吉らがからむ物語「丹波与作待夜の小室節」を創作した。改作物に「恋女房染分手綱(そめわけたづな)」がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんばのよさく【丹波与作】

江戸初期の歌謡に関の小万との情事をうたわれた馬方。歌舞伎・浄瑠璃の主人公として脚色され、近松門左衛門の「丹波与作待夜の小室節」が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の丹波与作の言及

【丹波与作待夜の小室節】より

…与作は小万と死を決意するが,滋野井の努力で三吉ともども救われる。《落葉集》などに所収の歌謡や古浄瑠璃,歌舞伎で人々に知られた丹波与作を主人公とするが,筋立ては近松の創作になる。母と名のれぬ滋野井の苦衷や,母をしたう三吉のいたいけな感情が描かれる序幕がすぐれており,《恋女房染分手綱》(1751)の中に〈重の井子別れ〉としてまるごと採り入れられ,現在もたびたび上演される。…

※「丹波与作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丹波与作の関連キーワードあったぼこしゅもない裁ち着け・裁着けほでてんごう引き裂かれすぽん抜き口てんがうおんじゃる鈴鹿馬子唄一得・一徳人形浄瑠璃付き上がる棒千切り木柔ら取り御乳の人七つ立ち砂にする舌を食うつこうどちっくり凝り博打

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android