コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関一楽 せき いちらく

1件 の用語解説(関一楽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関一楽 せき-いちらく

1644-1730 江戸時代前期-中期の儒者。
正保(しょうほ)元年生まれ。備前岡山の医師だったが,元禄(げんろく)9年(1696)豊後(ぶんご)(大分県)岡藩の藩儒となる。藩の子弟のための私塾が享保(きょうほう)11年藩校輔仁堂となった。享保15年8月13日死去。87歳。名は長博。字(あざな)は載甫。通称は真庵,幸輔。別号に仁堂など。著作に「春秋胡氏伝諺解(げんかい)」「大道訓」「冥加(みょうが)訓」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関一楽の関連キーワード常行井上久斎内田雪山川勝雲堂久米田杉尋曾我玉庵太兵衛辻政近爪木晩山宗吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone