コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関一楽 せき いちらく

1件 の用語解説(関一楽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関一楽 せき-いちらく

1644-1730 江戸時代前期-中期の儒者。
正保(しょうほ)元年生まれ。備前岡山の医師だったが,元禄(げんろく)9年(1696)豊後(ぶんご)(大分県)岡藩の藩儒となる。藩の子弟のための私塾が享保(きょうほう)11年藩校輔仁堂となった。享保15年8月13日死去。87歳。名は長博。字(あざな)は載甫。通称は真庵,幸輔。別号に仁堂など。著作に「春秋胡氏伝諺解(げんかい)」「大道訓」「冥加(みょうが)訓」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関一楽の関連キーワード江村如圭前古典派音楽アーミッシュアーミッシュ派秀山瑞藤アーミッシュ派アーミッシュ米会所樽廻船ウルバヌス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone