コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関実叢 せき じつそう

1件 の用語解説(関実叢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関実叢 せき-じつそう

1851-1904 明治時代の僧。
嘉永(かえい)4年1月1日生まれ。臨済(りんざい)宗。尾張(おわり)(愛知県)徳源寺の鰲巓道契(ごうてん-どうかい)に師事し,その法をつぐ。大分県佐伯の養賢寺,徳源寺,京都妙心寺の住持となる。師の俗姓をついで関と名のる。明治36年妙心寺派管長。明治37年10月21日死去。54歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。旧姓は杉。法名は定真(じょうしん)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関実叢の関連キーワード万国博覧会解析変成作用熱雲東欧演劇リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気ミシン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone