コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関実叢 せき じつそう

1件 の用語解説(関実叢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関実叢 せき-じつそう

1851-1904 明治時代の僧。
嘉永(かえい)4年1月1日生まれ。臨済(りんざい)宗。尾張(おわり)(愛知県)徳源寺の鰲巓道契(ごうてん-どうかい)に師事し,その法をつぐ。大分県佐伯の養賢寺,徳源寺,京都妙心寺の住持となる。師の俗姓をついで関と名のる。明治36年妙心寺派管長。明治37年10月21日死去。54歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。旧姓は杉。法名は定真(じょうしん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関実叢の関連キーワード岩男三郎斎藤順酒井安次郎関文炳高木英次郎竹橋尚文田代正道松田秀雄水野遵山口吉郎兵衛(3代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone