コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関徹 かんてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関徹 かんてつ

1588-1651 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)16年生まれ。浄土宗。慶長19年(1614)長崎に遊学。キリスト教の流行をうれえた長崎奉行長谷川広智にこわれ,中道院で浄土宗の布教につとめる。さらに幕府から寺地をあたえられ,大音寺をひらいた。慶安4年11月13日死去。64歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。俗姓は安武。号は法蓮社伝誉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関徹の関連キーワードテレサ[アビラ]ティコ・ブラーエ安土桃山時代(年表)パスカル(Blaise Pascal)コルネイユ(Pierre Corneille)グラナダ焦竑マーローモンテーニュパスカル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android