コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関澄伯理 せきずみ はくり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関澄伯理 せきずみ-はくり

1820-1899 幕末-明治時代の検校(けんぎょう),棋士。
文政3年9月19日生まれ。幼時に失明。初代関澄検校の養子となり,慶応2年検校にすすむ。維新後廃止された検校の官職を復活するよう陳情したがゆるされなかった。のち東京本所江島神社境内に鍼術(しんじゅつ)の杉山和一(わいち)の祠(ほこら)をたてる。将棋の大橋分家門にはいり7段。明治32年8月20日死去。80歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。本姓八島

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関澄伯理の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android