コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関税協力理事会 かんぜいきょうりょくりじかいCustoms Co-operation Council

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税協力理事会
かんぜいきょうりょくりじかい
Customs Co-operation Council

略称 CCC。 1994年以降は世界関税機関 World Customs Organization; WCOという通称で呼ばれている。関税上の分類品目表および評価に関する国際基準を統一するため,1952年に設立 (活動開始は 53年) された機関。理事会は,関税技術およびこれに関連する関税法制についての政府間協力の促進が国際貿易上の利益となることを期し,(1) 関税事項についての協力の研究,(2) 関税制度の技術的側面および関連する経済的要素の検討,(3) 条約など (改正案を含む) の作成およびその採択の勧告,(4) 条約の統一的解釈,適用の確保のための勧告などをその任務とする。理事会は,常設技術委員会その他の各種委員会および事務総局を有し,本部はブリュッセルにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

関税協力理事会の関連キーワードブリュッセル関税品目分類表関税協力理事会品目表標準国際貿易分類標準商品分類CCCNBTN麻薬HS

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android