コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関翁珠門 かんおう しゅもん

1件 の用語解説(関翁珠門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関翁珠門 かんおう-しゅもん

1521-1603 戦国-織豊時代の僧。
大永(たいえい)元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。周防(すおう)(山口県)永福寺の心翁のもとで出家。のち長門(ながと)(山口県)大寧寺の異雪慶珠にまなび,ついでその弟子繁興存栄に師事してその法をつぐ。天正(てんしょう)5年毛利輝元の招きで大寧寺の住持となった。慶長8年2月15日死去。83歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関翁珠門の関連キーワード惟杏永哲織豊時代吉岫舜利寿昌定珍真翁宗竜祖栄天海正曇等恵藤木久志