コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関西大学野球 かんさいだいがくやきゅう

百科事典マイペディアの解説

関西大学野球【かんさいだいがくやきゅう】

立命館,同志社,京都,神戸商科,関西,関西学院の6大学で1931年秋関西六大学野球連盟を結成。春秋2回のリーグ戦を行った。1962年以後入替え戦を導入したが,1982年に立命館,同志社,京都,関西,関西学院の旧勢力5大学と近畿大学関西学生野球連盟を結成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんさいだいがくやきゅう【関西大学野球】

1931年秋に関西学院,同志社,立命館,関西,京都,神戸商科の各大学が結集して関西六大学野球連盟を設立,同地区に初めて大学野球組織が誕生した。東京六大学に対抗する形でそれなりの成果をあげたが,専用球場をもたず私立国立大学との実力差が開くなど運営,技術両面でしだいに行き詰まった。このため地区全体のレベルアップの意図も込め,62年からは後発近畿,阪神,京滋の3大学リーグを含めた関西大学野球連合を組織。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関西大学野球の関連情報