コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関豊太郎 せき とよたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関豊太郎 せき-とよたろう

1868-1955 明治-昭和時代の土壌学者。
慶応4年6月生まれ。盛岡高農教授をへて,農林省農事試験場に勤務。火山灰土壌とその改良方法を研究した。昭和2年日本土壌肥料学会初代会長。東京農大教授。昭和30年3月20日死去。86歳。江戸出身。帝国大学卒。著作に「新撰(しんせん)提要土壌学」「土」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関豊太郎
せきとよたろう
(1868―1955)

土壌学者。東京に生まれ、1892年(明治25)帝国大学農学科卒業。福岡県修猷館(しゅうゆうかん)、広島師範、鳥取・宮城・山形県庄内各農学校教諭を経て広島高等師範校長。1905年(明治38)盛岡高等農林教授に転じ、1910年ドイツ、フランスへ留学し、1917年(大正6)農学博士。土壌粘土膠質(こうしつ)物の研究に先進ドイツの学風を導入し、日本火山灰土壌の改良策に貢献した。1926年『大日本土性略図』を作成し、土性調査規準を改革し、以後の土壌型研究の基礎を定めた功績も著しい。東京農業大学教授、農事試験場嘱託を歴任した。著書に『土壌学講義』(1926)、『新撰(しんせん)提要土壌学』(1929)、『土』(1944)などがある。[石山 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関豊太郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android