コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関輝蕚 せき きがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関輝蕚 せき-きがく

1772-1812 江戸時代後期の和算家。
安永元年生まれ。信濃(しなの)(長野県)小諸の人。江戸で関流の神谷定令(かみや-ていれい)にまなぶ。善光寺算額を奉納するなど同地方で活動。門人に上田藩につかえた竹内武信(ぶしん)らがいる。文化9年2月10日死去。41歳。字(あざな)は子華。通称は五太夫。著作に「交等円累円術」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関輝蕚の関連キーワード和算家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android