コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関輝蕚 せき きがく

1件 の用語解説(関輝蕚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関輝蕚 せき-きがく

1772-1812 江戸時代後期の和算家。
安永元年生まれ。信濃(しなの)(長野県)小諸の人。江戸で関流の神谷定令(かみや-ていれい)にまなぶ。善光寺に算額を奉納するなど同地方で活動。門人に上田藩につかえた竹内武信(ぶしん)らがいる。文化9年2月10日死去。41歳。字(あざな)は子華。通称は五太夫。著作に「交等円累円術」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関輝蕚の関連キーワードシュレーゲル(兄弟)噺本赤尾丹治ゴンチャロフティチングピールボロジノ洪景来の乱ボロジノの戦い松本幸四郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone