コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闘鶏台古墓 とうけいだいこぼ Dòu jī tái gǔ mù

1件 の用語解説(闘鶏台古墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうけいだいこぼ【闘鶏台古墓 Dòu jī tái gǔ mù】

中国,陝西省宝鶏県闘鶏台にある新石器時代末から戦国時代,漢代の遺跡。1934年から37年にかけて前後3回にわたり,当時の国立北平研究院が調査した。遺跡は廃堡区と,戴家溝を挟んだ溝東区と溝西区の3地区からなり,そのうち溝東区では戦国から漢代にかけての多数の墓葬と新石器時代の土器製作址とみられる竪穴,円形あるいは隅丸長方形の竪穴住居址などが検出された。墓葬は104基が発見され,蘇秉琦は瓦鬲(がれき)墓(45),屈肢葬墓(11),洞室墓(24)の3時期に編年している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

闘鶏台古墓の関連キーワード旧石器時代仰韶文化彩陶新石器時代石器時代打製石器中石器時代磨製石器新石器スカラブラエ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone