コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闘鶏台古墓 とうけいだいこぼDòu jī tái gǔ mù

世界大百科事典 第2版の解説

とうけいだいこぼ【闘鶏台古墓 Dòu jī tái gǔ mù】

中国,陝西省宝鶏県闘鶏台にある新石器時代末から戦国時代,漢代の遺跡。1934年から37年にかけて前後3回にわたり,当時の国立北平研究院が調査した。遺跡は廃堡区と,戴家溝を挟んだ溝東区と溝西区の3地区からなり,そのうち溝東区では戦国から漢代にかけての多数の墓葬と新石器時代の土器製作址とみられる竪穴,円形あるいは隅丸長方形の竪穴住居址などが検出された。墓葬は104基が発見され,蘇秉琦は瓦鬲(がれき)墓(45),屈肢葬墓(11),洞室墓(24)の3時期に編年している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報