コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防潜網 ぼうせんもうantisubmarine net

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防潜網
ぼうせんもう
antisubmarine net

潜水艦の侵入を防ぐために港の入口や海峡水道の水中に敷設された鋼鉄製の網。警報装置や機雷と連動しているものもある。第2次世界大戦後は,潜水艦搭載ミサイルの発達,原子核兵器の普及,原子力潜水艦の登場など,潜水艦による攻撃方法が進歩し,対潜手段も一変したが,局地港湾の入口などにはなお使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうせん‐もう〔バウセンマウ〕【防潜網】

港湾の出入り口などに設置する、潜水艦の侵入防止用の網。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

防潜網【ぼうせんもう】

潜水艦の侵入を防ぐため海中に張る鋼製の網。港口,水道その他警戒と防御を必要とする場所に用い,探知装置を備えたものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうせんもう【防潜網】

潜水艦の侵入を防ぐために港湾の入り口などに張る網。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の防潜網の言及

【潜水艦】より

…大戦初期は発見手段は目視に限られ,浮上中の潜水艦を発見後,大砲,機関銃等で攻撃するにとどまったが,大戦後期にはスクリュー音など潜水艦の発する音を聴取するソナー,投下して潜水艦深度付近で爆発する爆雷が開発され,潜航中の潜水艦の発見,攻撃が可能となった。作戦的には,商船を集団で航行させ,それに軍艦を同行させる船団護衛制を採用し,近海では艦船,航空機による哨戒,機雷の敷設,防潜網(潜水艦の侵入を阻止するため港湾の入口に張る網)等により防御し,大戦後期には被害を著しく減少させた。 第2次大戦でも,ドイツの潜水艦は海上交通破壊に力を注ぎ,特に大戦初頭には多くの商船を撃沈した。…

※「防潜網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

防潜網の関連キーワードスキューバ入り口防御網

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android