コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島田一男 シマダカズオ

2件 の用語解説(島田一男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しまだ‐かずお〔‐かずを〕【島田一男】

[1907~1996]推理作家。京都の生まれ。満州日報の記者を経て、戦後作家活動に入る。新聞記者主人公にした作品を多く書き、NHKテレビドラマ「事件記者」の原作・脚本を担当。他に「古墳殺人事件」「社会部記者」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島田一男
しまだかずお
(1909―1996)

推理作家。京都市生まれ。明治大学中退後、1930年(昭和5)満州(中国東北地区)に渡り、満州日報社に社会部記者として勤務。終戦後の47年(昭和22)『宝石』の懸賞入選作『殺人演出』でデビュー。長編『古墳殺人事件』『錦絵殺人事件』などを刊行。ジャーナリストとしての体験を生かした『社会部記者』で51年、日本探偵作家クラブ賞を受賞、以降、達意な文章と庶民的な持ち味で「ブン屋もの」を書き続け、58年からはテレビ『事件記者』の脚本を数百編手がける。そのほか、刑事、弁護士、警察医、鉄道公安官を主人公にしたシリーズ、捕物帖(とりものちょう)などの作品もある。[厚木 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

島田一男の関連キーワード天理教運転注意力モニタ MDAS新聞小説地球温暖化夫婦別姓複成片麻岩内褶曲新派劇救らい事業更生保護来栖あつこ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島田一男の関連情報