コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火林 ボウカリン

3件 の用語解説(防火林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼうか‐りん〔バウクワ‐〕【防火林】

森林や家屋などの周囲に、火災の延焼を防ぐために設ける樹林帯。火に強い常緑広葉樹落葉広葉樹などを植える。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぼうかりん【防火林】

火災の延焼を防止するための樹林帯。常緑広葉樹・落葉広葉樹など火災に強い木が植えられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防火林
ぼうかりん

火事の延焼を防ぐために設けられる林。樹木は可燃物であるが、樹種、針葉樹広葉樹別、樹齢、森林密度などによって燃えやすさは異なる。防火林は、相対的に耐火性の強い林として幅数メートルから数十メートルの列状に設置されるので、防火樹帯ともよばれる。森林のみならず市街地にも設置されている。山火事は樹冠を伝わって山頂へと延焼していくので、防火林には樹冠火になりにくい樹種、すなわちカシ、ツバキサンゴジュなどのように葉が肉厚で水分の多い常緑広葉樹が適している。温寒帯ではカラマツや落葉広葉樹が使われる。尾根筋の天然林を伐(き)り残してそのまま利用することもある。[野口俊邦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防火林の関連キーワード準防火地域森林火災保険防火樹火除け火除け地防火線空地地区森林国営保険ロシアの森林火災森林火災

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防火林の関連情報