コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火林 ボウカリン

3件 の用語解説(防火林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼうか‐りん〔バウクワ‐〕【防火林】

森林や家屋などの周囲に、火災の延焼を防ぐために設ける樹林帯。火に強い常緑広葉樹落葉広葉樹などを植える。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防火林
ぼうかりん

火事の延焼を防ぐために設けられる林。樹木は可燃物であるが、樹種、針葉樹広葉樹別、樹齢、森林密度などによって燃えやすさは異なる。防火林は、相対的に耐火性の強い林として幅数メートルから数十メートルの列状に設置されるので、防火樹帯ともよばれる。森林のみならず市街地にも設置されている。山火事は樹冠を伝わって山頂へと延焼していくので、防火林には樹冠火になりにくい樹種、すなわちカシ、ツバキサンゴジュなどのように葉が肉厚で水分の多い常緑広葉樹が適している。温寒帯ではカラマツや落葉広葉樹が使われる。尾根筋の天然林を伐(き)り残してそのまま利用することもある。[野口俊邦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防火林の関連情報