コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火林 ボウカリン

大辞林 第三版の解説

ぼうかりん【防火林】

火災の延焼を防止するための樹林帯。常緑広葉樹・落葉広葉樹など火災に強い木が植えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防火林
ぼうかりん

火事の延焼を防ぐために設けられる林。樹木は可燃物であるが、樹種、針葉樹・広葉樹別、樹齢、森林密度などによって燃えやすさは異なる。防火林は、相対的に耐火性の強い林として幅数メートルから数十メートルの列状に設置されるので、防火樹帯ともよばれる。森林のみならず市街地にも設置されている。山火事は樹冠を伝わって山頂へと延焼していくので、防火林には樹冠火になりにくい樹種、すなわちカシ、ツバキ、サンゴジュなどのように葉が肉厚で水分の多い常緑広葉樹が適している。温寒帯ではカラマツや落葉広葉樹が使われる。尾根筋の天然林を伐(き)り残してそのまま利用することもある。[野口俊邦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

防火林の関連キーワード保安林フクギ福木

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防火林の関連情報