阿以田 治修(読み)アイダ ジシュウ

20世紀日本人名事典「阿以田 治修」の解説

阿以田 治修
アイダ ジシュウ

大正・昭和期の洋画



生年
明治27(1894)年11月16日

没年
昭和46(1971)年2月15日

出生地
東京

本名
会田 治修

学歴〔年〕
郁文館中学卒

経歴
自身のアトリエで洋画を描き始め、大正3年太平洋洋画会研究所に入って満谷国四郎に師事。8年二科会に初入選を果たしたのち11年からヨーロッパへ留学、フランスでビシエールに画技を学んだほかイタリアやスペインにも足を運んだ。帰国後、14年の第6回帝展に「読書するイボンヌ」を出品して入選。さらに第7回から9回までの帝展に「髪」「画房小閑」「部屋つづき」を続けて出展し、3回連続で特選を受賞した。昭和4年以降は帝展無鑑査となり、8年より帝展審査員。太平洋洋画会員としても活動。11年洋画家の伊原宇三郎らと大蒼会を興し、15年の創元会、16年の三果会創立にも参画戦後の一時期に無所属となるが、25年評論家小牧近江らとH・H(Hanney-homme)会を結成した。晩年網膜剥離に罹り、小品の製作が主体となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android