阿吽の呼吸(読み)あうんのこきゅう

精選版 日本国語大辞典「阿吽の呼吸」の解説

あうん【阿吽】 の 呼吸(こきゅう)

※読本・桜姫全伝曙草紙(1805)二「阿吽(アウン)呼吸(コキフ)につれて、忽ち一人を左袈裟に斬りおとし」
② 二人以上がいっしょに物事をするときの、相互の微妙な調子、気持。また、その間合いを巧みにつかむこと。
※光明真言観誦要門(1683)上「相撲仕切に、の呼吸を合はす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「阿吽の呼吸」の解説

阿吽の呼吸
あうんのこきゅう

口を開いてを出す「阿」,息を吸って口を閉じる「吽」から,気息の出入りを「阿吽」という。相撲の立ち合いは,吐く息・吸う息・止まる息といって,息を吐いたあと,七,八分ほど吸込止め,その一瞬に立つものとされているが,立ち合いで呼吸を合わせることを「阿吽の呼吸」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「阿吽の呼吸」の解説

あうん‐の‐こきゅう〔‐コキフ〕【××吽の呼吸】

二人以上で一緒に物事を行うときの、互いの微妙な気持ち。また、それが一致すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android