コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜姫全伝曙草紙 さくらひめぜんでんあけぼのぞうし

4件 の用語解説(桜姫全伝曙草紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜姫全伝曙草紙
さくらひめぜんでんあけぼのぞうし

江戸時代後期の読本山東京伝作。歌川豊国画。5冊。文化2 (1805) 年刊。丹波の鷲尾義治の娘桜姫と伴宗雄との恋を中心に,復讐,怨霊などを配し,歌舞伎で有名な清玄,桜姫の説話に中国小説を取合せた勧善懲悪因果談。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さくらひめぜんでんあけぼのぞうし〔さくらひめゼンデンあけぼのザウシ〕【桜姫全伝曙草紙】

読本。5巻。山東京伝作、歌川豊国画。文化2年(1805)刊。清玄桜姫の伝説に、丹波国桑田の鷲尾家のお家騒動に絡む復讐(ふくしゅう)談を加えた伝奇小説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくらひめぜんでんあけぼのそうし【桜姫全伝曙草紙】

読本。山東京伝著。初代歌川豊国画。1805年(文化2)刊。歌舞伎などで流布していた清玄桜姫物の怪談を素材とし,悪と美とグロテスクと怪奇を織りなした,京伝の長編伝奇小説の代表作。丹波国鷲尾義治の正妻野分の方が,寵妾玉琴を惨殺したことに端を発し,玉琴の怨念がさまざまな形で野分の方にたたり,その娘桜姫にも,玉琴の死体から生まれ成長して清水寺僧となった清玄が恋慕し,愛欲の死霊となってまつわりつづけるという物語を主筋とし,これに発心する鈴虫・松虫姉妹,復讐する怪盗蝦蟇丸(がままる),忠臣弥陀二郎などがからむといった錯綜した複雑な趣向で,二人桜姫や屍姦譚をふくんだ妖美で怪奇な世界がつくられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくらひめぜんでんあけぼのぞうし【桜姫全伝曙草紙】

読本。五巻。山東京伝作、歌川豊国画。1805年刊。清玄・桜姫の伝説をもとに、中国小説の趣向などをからませた伝奇小説。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桜姫全伝曙草紙の関連キーワード初代歌川国貞歌川豊国(初代)稲妻表紙豊国派歌川国輝(初代)歌川国満(初代)歌川豊国(2代)歌川豊国(3代)歌川豊国(4代)河内屋源七

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone