阿賀神社(読み)あがじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「阿賀神社」の解説

阿賀神社
あがじんじゃ

滋賀県東近江(おうみ)市小脇町に鎮座。一般に太郎坊宮と通称されている。祭神正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)。巨石を有する太郎坊山は古来湖東の霊山として仰がれ、鎌倉時代には当宮に源家武将からの奉幣があった。修行者の参籠(さんろう)所として絶好の条件を備えていたため、当時の行者の姿が「太郎坊山の天狗(てんぐ)」として人口に膾炙(かいしゃ)されていた。旧村社。3月23、24日の例祭ほか、5月第3日曜日にお田植祭、12月第1日曜日にお火焚(ひたき)祭が斎行される。近江鉄道太郎坊宮前駅から徒歩20分。

[吉井貞俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「阿賀神社」の解説

あが‐じんじゃ【阿賀神社】

滋賀県東近江市小脇町の赤神山(太郎坊山)にある神社。祭神は正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさやあかかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)商売繁盛の神として知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android