コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部静枝 あべ しずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部静枝 あべ-しずえ

1899-1974 大正-昭和時代の歌人。
明治32年2月28日生まれ。尾上柴舟(おのえ-さいしゅう)にまなび,戦前は「水甕」「ポトナム」で活躍,戦後は女人短歌会創立にくわわる。夫の温知(おんち)とともに社会民衆党でも活動。昭和49年8月31日死去。75歳。宮城県出身。東京女高師(現お茶の水女子大)卒。旧姓は二木。本名は志つえ。歌集に「秋草」「霜の道」など。
【格言など】山ふかくふたり入り来ていのち愛し水ふくみあひて更には登る(「秋草」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

阿部静枝の関連キーワード只野 幸雄只野幸雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android