陰火(読み)インカ

  • いんか ‥クヮ
  • いんか〔クワ〕

デジタル大辞泉の解説

墓地などで燃える、奇怪な青白い火。狐火(きつねび)。鬼火。
焼酎(しょうちゅう)を浸した布切れを棒の先につけて燃やした火。芝居幽霊の出る場面などに用いる。焼酎火(しょうちゅうび)。人魂(ひとだま)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 夜間、山野や墓地などで幽霊、妖怪などが出るとき燃えて浮遊するといわれる不気味な火。燐(りん)などが燃えることによるという。きつね火。鬼火。〔和漢三才図会(1712)〕〔木華‐海賦〕
② 芝居の小道具の一つ。棒の先につけた布片を焼酎にひたしてから燃やした青白い火。幽霊などが現われる場面に用いる。焼酎火(しょうちゅうび)。〔楽屋図会拾遺(1802)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android