陰火(読み)インカ

デジタル大辞泉の解説

いん‐か〔‐クワ〕【陰火】

墓地などで燃える、奇怪な青白い火。狐火(きつねび)。鬼火。
焼酎(しょうちゅう)を浸した布切れを棒の先につけて燃やした火。芝居で幽霊の出る場面などに用いる。焼酎火(しょうちゅうび)。人魂(ひとだま)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐か ‥クヮ【陰火】

〘名〙
① 夜間、山野や墓地などで幽霊、妖怪などが出るとき燃えて浮遊するといわれる不気味な火。燐(りん)などが燃えることによるという。きつね火。鬼火。〔和漢三才図会(1712)〕〔木華‐海賦〕
② 芝居の小道具の一つ。棒の先につけた布片を焼酎にひたしてから燃やした青白い火。幽霊などが現われる場面に用いる。焼酎火(しょうちゅうび)。〔楽屋図会拾遺(1802)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android