コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰火 インカ

デジタル大辞泉の解説

いん‐か〔‐クワ〕【陰火】

墓地などで燃える、奇怪な青白い火。狐火(きつねび)。鬼火。
焼酎(しょうちゅう)を浸した布切れを棒の先につけて燃やした火。芝居で幽霊の出る場面などに用いる。焼酎火(しょうちゅうび)。人魂(ひとだま)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんか【陰火】

幽霊などが出るときに燃えるという青白い火。鬼火。幽霊火。
人魂ひとだま」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

陰火の関連キーワード差し金・差金・指矩リン(元素)髣髴・彷彿心火鬼火青火