コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳勝・呉広の乱 ちんしょう・ごこうのらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳勝・呉広の乱
ちんしょう・ごこうのらん

中国,末の農民,陳勝呉広の起した反乱。陳勝は陽城 (河南省登封県) ,呉広は陽夏 (河南省太康県) の人。秦の二世皇帝1 (前 209) 年7月,2人は漁陽の守備に徴発されたが期に遅れた。期を失すれば斬罪が秦の掟であったから,2人は意を決して挙兵した。陳勝は始皇帝の長子扶蘇,呉広は楚の名将項燕と偽って人心を掌握し,貧民を糾合してその勢数万となり,それぞれ陳王,仮王を称したが,秦軍に敗れ,また内紛を起して6ヵ月で壊滅した。しかし2人の挙兵を機に項羽劉邦 (→高祖) らが兵をあげ,秦は滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳勝・呉広の乱
ちんしょうごこうのらん

中国、秦(しん)の二世皇帝元年(前210)7月、陳勝(陳渉ともいう。渉は字(あざな))と呉広が、北境防備のために徴発された900人の兵卒を率いて起こした反乱。中国史上初めての農民反乱であるとともに、秦帝国滅亡の端緒となった事件として重要である。陳勝と呉広の2人は大雨のため力役の場所への到着期限に遅れたので、斬罪(ざんざい)に処せられるよりも死を覚悟して名声をあげようと兵卒たちを説得した。そのときの「王侯将相寧(おうこうしょうそういずく)んぞ種(しゅ)あらん乎(や)」ということばは、身分に関係なく力によって挙兵したこの反乱の性格をよく物語っている。陳勝は貧家の生まれの雇農であったが、民を率いて王位につき、「張楚(ちょうそ)」国を建て、部将を各地に派遣して勢力を拡大していった。当時秦の圧政に苦しんでいた人々は次々とこれに呼応した。しかし翌年12月、呉広に続いて陳勝も臣下に殺され、わずか6か月の短命の反乱政権であった。のちに項羽(こうう)、劉邦(りゅうほう)の軍が秦を滅ぼすことになる。[鶴間和幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

陳勝・呉広の乱の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)漢の時代(年表)項羽と劉邦彭越

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android