コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳維崧 ちんいすうChen Wei-song

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳維崧
ちんいすう
Chen Wei-song

[生]天啓5(1625)
[没]康煕21(1682)
中国,清初の文人。江蘇省宜興の人。字,其年。号,迦陵 (かりょう) 。 17歳で諸生となり,54歳で博学鴻詞に推薦され,第1等で及第して翰林院検討となり『明史』の編纂にあたった。諸生のうちから文名が高く,王士禎,施閏章らと交わり,各地を遊歴して詩社を訪れ詩作を続けた。駢文 (べんぶん) では,清初の第一人者でその後の流行のさきがけとなり,は蘇軾,辛棄疾の豪放派を宗として陽羨詞派を開き,浙西詞派を率いた朱彝尊 (しゅいそん) と並び称された。2人の詞を合刻した『朱陳村詞』は広く流行して清朝詞壇に大きな影響を与えた。作品はすべて『湖海楼全集』に収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳維
ちんいすう
(1626―1682)

中国、明(みん)末清(しん)初の文人。字(あざな)は其年(きねん)。号は迦陵(かりょう)。江蘇(こうそ)省宜興(ぎこう)の人。明末四公子の1人である陳貞慧(ていけい)の子。清朝に仕えず、詞(し)や文の名手として知られたが、1678年(康煕17)博学鴻詞(こうし)科の召しに応じて翰林院(かんりんいん)に入り『明史』の編纂(へんさん)に加わった。清朝に入って復活した駢文(べんぶん)の最初の作家とされ、同じく清初に復活した詞(詩余)の作家としても、朱彝尊(しゅいそん)とともに「朱陳」と並称され、朱が南宋婉約(なんそうえんやく)派の詞風を重んじ浙西(せっせい)派の風を開いたのに対して、陳は北宋豪放派を宗とし、陽羨(ようせん)派の祖とされる。『陳迦陵詩文詞集』などがある。[伊藤虎丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

陳維崧の関連キーワード納蘭性徳顧貞観

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android