コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳維崧 ちんいすう Chen Wei-song

2件 の用語解説(陳維崧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳維崧
ちんいすう
Chen Wei-song

[生]天啓5(1625)
[没]康煕21(1682)
中国,清初の文人。江蘇省宜興の人。字,其年。号,迦陵 (かりょう) 。 17歳で諸生となり,54歳で博学鴻詞に推薦され,第1等で及第して翰林院検討となり『明史』の編纂にあたった。諸生のうちから文名が高く,王士禎,施閏章らと交わり,各地を遊歴して詩社を訪れ詩作を続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陳維
ちんいすう
(1626―1682)

中国、明(みん)末清(しん)初の文人。字(あざな)は其年(きねん)。号は迦陵(かりょう)。江蘇(こうそ)省宜興(ぎこう)の人。明末四公子の1人である陳貞慧(ていけい)の子。清朝に仕えず、詞(し)や文の名手として知られたが、1678年(康煕17)博学鴻詞(こうし)科の召しに応じて翰林院(かんりんいん)に入り『明史』の編纂(へんさん)に加わった。清朝に入って復活した駢文(べんぶん)の最初の作家とされ、同じく清初に復活した詞(詩余)の作家としても、朱彝尊(しゅいそん)とともに「朱陳」と並称され、朱が南宋婉約(なんそうえんやく)派の詞風を重んじ浙西(せっせい)派の風を開いたのに対して、陳は北宋豪放派を宗とし、陽羨(ようせん)派の祖とされる。『陳迦陵詩文詞集』などがある。[伊藤虎丸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陳維崧の関連キーワードエヌ康熙・康煕康熙帝・康煕帝康熙綴じ・康煕綴じ天啓没・歿勃・歿・没三角数天啓説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone